ABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)読書会開催しました

6/26(日)にABD=「アクティブ・ブック・ダイアローグ」という手法を用いた読書会を開催しました。

アクティブ・ブック・ダイアローグとは・・・

・事前に本を読む必要はない

・参加者が本を持参する必要はない

・一冊の本を章ごとに裁断、分担して読み、各自が内容をA4用紙数枚にまとめて発表&ディスカッション

・一冊の本を共有し、対話することにより参加者同士の新たな関係性構築につながる

~~著書は「夜と霧」(フランクル著 池田香代子訳)~~

ロゴセラピーで知られる心理学者フランクルがナチスドイツの支配下にあったウィーンから連行され、アウシュビッツ、ダッハウなどの強制収容所での体験を、臨床心理学の見地から記録した著書。人生の意味、生きる意味について、深く考えさせられ、世界中で感動を呼び起こした名著。

「苦悩することにも意義がある」

「どんな劣悪な極限状況においても、人間の精神的自由は失われることはない」

「どんな人生にも意味がある。その意味は探し求めるものではなく、人生から問いかけられてくるものである」

人生の岐路に立っている方々と真摯に向き合うことが求められる我々キャリアコンサルタントに大きな示唆を与えてくれる書でした。どのような状況下でも他責にすることなく、自分の行動を自分で選択しならなければいけないと考えさせられました。

今回の研修では昼食を挟むことで参加者同士のコミュニケーションがより図られたと思います。
次回はキャリアコンサルタントに関わる書籍にてまたABD(アクティブ・ブック・ダイアローグ)を企画いたします。

タイトルとURLをコピーしました